産業保健師として採用されるには

産業保健師として採用されるには

企業での専任の保健師として、従業員の体調管理やケアなどを行うことを主な業務とする産業保健師について、近年では大きな盛り上がりを見せている看護師、医療従事者を対象とした求人センターや求人サイトなどでも多くの募集を見かけることが出来ます。逆にハローワークなどの一般的な求人センターなどでは少ない傾向にあり、やはり各企業とも、最も信用できる場所へ求人を出していると言うことになるのでしょう。その分、産業保健師として各企業が望む条件と言うのは相応なものになってきます。

 

 

企業による産業保健師の募集は待遇が良い場合が多くなっていますが、その分経験者が優遇されやすい傾向にあるようです。これまで医療機関や教育機関などで保健師として活躍していた方と言うのを対象にしている場合もあり、やはり経験者が強いと言うのは否定できるものではありません。しかし、それでは新卒で近日の間に保健師や看護師の資格を取得した人は採用されないのか?と言うことになりますが、それも誤解であると言えます。

 

 

近年では各企業において健康管理室を設置するところも多くなってきているものの、産業保健師の数が圧倒的に足りていないのが現状なのです。産業保健師と言う職種に対しての認知の低さと言うこともありますが、まだ経験が浅く、保健師としてまだ実績が少ないと言った方であっても、やはり厳しく、難関であるとも言われる保健師としての資格を取得していると言うのは相応の能力があるとも考えられるもので、新卒採用を積極的に行っている企業もあります。

 

 

経験者の採用が多い傾向にあるものの、専門の求人サイトなどでは新卒募集なども多く公開されています。まずはこれらの情報をくまなく探し、条件の見合う企業をチェックしてみましょう。

 

 

詳しくはこちらをクリック