産業保健師に転職するには

産業保健師に転職するには

これまで従事していた医療機関や教育機関などでの業務を離れ、より待遇の良い企業などへの専門保健師として、専業保健師への転職を考えている方も増えてきています。産業保健師とは、各企業の設置する健康管理室などに常駐し、その企業の従業員の健康チェックや心のケアなどの主な業務としており、これからの時代において、強く求められる業種のひとつとも言われています。

 

 

では、この産業保健師として活躍するためにはどうすればいいのでしょうか。

 

まず、産業保健師と言う職業はまだ認知度としては決して大きなものとは言えず、一般的な求人募集やハローワークなどで見かけることは少ない傾向にあります。そのため、医療機関や教育機関での業務を辞職してすぐに産業保健師として転職できるかと言われれば、難しく感じられるかもしれません。しかし、産業保健師のニーズは決して少ないものではなく、探す場所を定めれば、自分の希望する待遇の産業保健師を募集している企業は数多くあるのです。

 

 

産業保健師を広く募集しているのは、主に医療関連の求人案内を広く取り扱っている求人センターや求人登録サイトとなります。こちらでは一般的な求人センターやハローワークなどと同様、無料で登録することができ、さらに希望に合う案件があれば、すぐに面接の取り付けなども行うことが可能です。日本全国の求人情報を取り扱っているため、見つかる確率は非常に高いと言えるでしょう。産業保健師への転職を考える場合、まずはこちらに登録することを強くお勧めします。

 

 

詳しくはこちらをクリック