産業保健師の年収

産業保健師の年収

保健師と言う職種は、国家資格を得なければなれないこと、主な業務先が医療機関や教育機関などの公的な施設になる場合が多いことから、その扱いは国家公務員に近いものとなり、年収も近しいものになります。そのため、基本的に就労さえ出来ていれば一定の年収を得ることが出来るものの、業績や能力が強く繁栄されるということは無く、長期に渡って一定であるため、安定はしているものの、キャリアアップは望みにくく感じられるかもしれません。平均値としては300万から350万円程度で推移しています。

 

産業保健師の場合、あくまで企業人と言う扱いになり、給与体系も各企業の定めたものとなりますが、相応の技能、技術、能力次第で大きなキャリアアップが出来る可能性が高くなります。また、基本収入も医療機関や教育機関よりも高額になるケースも多く、高額な場合は平均として500万円以上にもなる場合もあるようです。これは企業によって違いが大きくなっているため、求人募集情報などから精査しておくようにしたいところです。

 

やはり働く以上は年収の問題も大きく気になる問題の一つとなります。難関とも言われる国家試験を潜り抜け、価値のある資格を有すことが出来たのですから、待遇面においては出来るだけ妥協せず、自身の望む形での就労が出来る環境を持った企業を選ぶようにしたいものです。産業保健師の求人案件は主に看護系や医療従事者向けの求人案内センターや求人サイトなどで多く見られるので、まずはそちらに登録し、各種案件を確認してみるようにしましょう。

 

 

詳しくはこちらをクリック