報告

報告

産業保健師の業務内容は所属している企業内に限定されるものの、決して少ないものではありません。特に多くの従業員を抱える大企業ともなると、従業員の健康管理だけでなく、人事異動などについても、各従業員の健康状態や精神面などのデータを用いることによって関わりを持たなければならないなど、その内容は多岐に渡ります。

 

 

忙しくも厳しい日常業務の中、従業員全員が常に心身ともに健全であるとは限りません。体調不良を訴える人もいれば、人間関係のトラブルに巻き込まれ、心が疲れてしまっている人もいます。産業保健師は彼らの健康面、精神面においても適切な処置や、必要であればカウンセリングなども行う必要があります。

 

特に大企業などの場合に頻発する人事異動においても、健康面、精神面などのデータを元に、適切な異動となるかを提言します。無駄の無い異動を勧告し、適切な環境を作ることでより業務環境の向上を促すためのアドバイスが必要となる場合があります。

 

従業員の診断のデータや、それぞれの労働環境などを確認した上で、どのように問題を解決するべきか、過労となっていないかなどを精査し、これを組織の上層部へ報告することで、労働環境の改善を促します。従業員一人一人だけを見るのではなく、組織全体の改善を促すことにより、総合的な健全化を図るための活動を行います。

 

 

これらを行うことにより、企業の健全化を進め、より効率良く組織が動くための環境を作るのも産業保健師の業務内容の一つとなります。

 

 

詳しくはこちらをクリック