産業保健師の仕事内容

産業保健師の仕事内容

企業の設置する保健室や健康管理室に常駐し、従業員の健康面や精神面でのケアを行う産業保健師と言う職業ですが、その仕事内容は基本的には医療機関や教育機関、施設などの業務と大差があると言うわけではありません。しかし、基本業務としては企業の社屋内に限定されると言うこともあり、業務を行うのはその企業の従業員に対してと言うことになります。

 

 

日々の業務の中で、全ての従業員が常に心身共に健全であるよう指導していくことが望ましいものですが、なかなかそうは行かないものです。体調面においてはサポートによって改善されていくものはあるものの、精神面的な部分での疲れやトラブルが発生することの方が多く、場合によってはカウンセリングなどの業務も必要となってくる場合もあります。特にストレスのたまりやすい現代において、様々な問題を抱える従業員は非常に多いため、一人一人に対してカウンセリングや心のケアを行っていくと言うのは、決して楽な仕事内容と言うわけではありません。特に従業員数の多い大きな企業ともなると、一日中健康管理室に人が訪れているということも十分にあり得ます。

 

 

しかし、その企業の産業保健師として就職すると言うことは、自分もまた企業に属する一人として、仕事の仲間をサポートしていくと言う意味において非常にやりがいのある仕事であるとも言えます。その日限りの付き合いややり取りと言うわけではなく、これから長期間に渡って付き合っていく仲間として、しっかりとしたサポートを行う上で、欠かせない存在ともなるのです。

 

 

詳しくはこちらをクリック