産業保健師としての資格

産業保健師としての資格

企業の設置する保健室や健康管理室に常駐し、従業員のケアを行う産業保健師ですが、産業保健師になるには資格が必要になります。しかし、名称こそ「産業」保健師ではありますが、必要となる資格は全ての保健師同様、国家資格でもある看護師の資格を有し、保健師養成課程を1年以上修了、その後保健師としての資格試験に合格した者と言う事になります。これは医療機関や教育機関などに常駐する保健師と同じもので、産業保健師も例外ではありません。

 

 

すでに保健師として医療機関や教育機関などで活躍し、今後のキャリアアップのために産業保健師を目指す場合、基本的な水準は全て満たしていると言うことになるので、医療、看護関係の就職支援を専門に行っている求人センターや求人サイトなどを利用することで、スムーズに産業保健師としての道が開けることでしょう。産業保健師の求人はハローワークなどではあまり見かけることの無い求人となるため、早期の転職を考える際は、専門性の高い求人案内を公開しているところに登録することをお勧めします。

 

 

これから保健師としての活躍の場を探し、資格の取得を目指す場合、まずは保健師の資格を取得しなければなりません。医療関連の大学や専門学校などから必要な知識、技能を身につけていくのは当然のことですが、そのまま産業保健師を目指す場合は、産業保健師特有の業務内容なども事前に把握しておくようにしましょう。基本業務内容は同様であっても、一部で性質が変わってくる場合もあります。やはり新卒を募集している企業などにおいてもハローワークなどではあまり見かけることが無いため、専門の求人センターや求人サイトに登録し、コンサルタントと共に希望の条件に見合う職場を探していくことが、スムーズに産業保健師として就職するための方法となります。

 

 

詳しくはこちらをクリック