産業保健師の役割

産業保健師の役割

企業の健康管理室や保健室に常駐し、業務を行う産業保健師と言う職業ですが、その役割は多岐に渡ります。多くでは従業員の体調管理などが主な業務と捉えられがちですが、それだけではありません。企業に属する保健師として、企業全体の労働環境の改善や、体調面だけでない、精神面でのケアやカウンセリングを行うことも、産業保健師の役割の一つとなります。

 

 

名称上、産業保健師の業務は従業員の体調のケアが中心と思われがちですが、実は最も多いのは精神面でのケアであるとも言われています。これは仕事上トラブルによって心身共に疲れてしまった、企業内の人間関係に疲れてしまった、今の労働環境において、自分は適していないのではないか?などの心のトラブルを訴える従業員の方が圧倒的に多いのが実情です。これらをサポートし、心のケアを図るのはもちろん、適正な職場環境を考え、それを経営陣や上層部に報告をすると言うのも産業保健師の役割となります。つまり、産業保健師は一人一人のケアを行うことにより、労働環境や社内環境などを知り、その改善のために医療の側面からサポートすると言うことも業務のひとつとなるのです。

 

 

企業が産業保健師を雇うと言うことは、組織全体の向上を考えたいと言うのも大きな理由となっています。そのためには従業員一人一人の労働環境を改善し、より良い形の組織として業務が回っていくよう、適切なケアはもちろん、提案や提言、時に勧告なども必要になってくることもあります。

 

 

詳しくはこちらをクリック